• 2006.08.30 Wednesday

舞一夜☆行って来ました♪

見に行って来ました!「遙かなる時空の中で 舞一夜」

ミニシアターだし…と侮ってましたが、予想以上の大スクリーンで麗しの八葉たちに会えて大満足(*^o^*)つかの間の京でのひとときを満喫して来ました!
でも今更ながらの整理券制度はどうなんでしょうね…。指定に慣れてるとどうしても効率悪いようにしか思えないんだけど。

まぁそんなことは置いといて、劇場入り口そばに主要キャストの皆さんのサイン入りポスターが飾ってありました!

場内に入ると、『玉響のしずく』が流れてて合間に待ってました!の場内アナウンス。多季史さんと友雅さんのが聞けました♪
週替わりで一人ずつしか聞けないのかなって思ってたからちょっと得した気分(^_^)v

八葉では泰明さんが一番活躍してたと思う☆やっぱり陰陽師だからね♪
天真くんは相変わらずの気苦労人だと思う(^_^;)

以下はネタバレ大いにありなのでお気をつけください!!

今回は八葉そっちのけであかねちゃんと季史さんの切ない恋のお話。

私の場合、月刊LaLaの特別読みきりを読んでから劇場に行ったので、季史さんが怨霊なのは初めからわかってて見たんですが、それでもつらかったな。
怨霊と神子の恋といえば、思い出すのは敦盛さんだけど、私は彼を浄化したことがなかったので(恋愛ENDした後でも未だにできない・・・)好きになった人を自分の手で消し去らなければいけないなんて・・・悲しい

でも、主役級が8人もいれば、すべて活躍させるのは難しいですね。
さっきも書いたけど、泰明さんが戦闘でのアクション担当で、一番活躍してた(あの怨霊の調伏には痺れたね♪)
もちろん頼久さんもがんばってたけど、怪我しちゃったから・・・。
思ってたより鷹通さんのセリフが多くてうれしかった!
いやぁ、「遙か3」で譲くんに心を奪われて以来、どうも天の白虎が気になるんですよね汗
神子に真実を告げるという重い役割を自らかってでた永泉さんはかっこいいと思う。いつもの一歩引いた頼りなさげな印象なかったね。でも、その後の永泉さんのあの涙には胸が締め付けられるものがありました悲しい
どんなに想っても報われない想いを抱いて苦しむ神子を想い、自分の想いとシンクロさせて涙を流す永泉さんは本当に心の綺麗なやさしい人です。
この映画の中で一番好きなシーンになりました。
朱雀の二人は相変わらすほのぼのさせてくれましたね!小天狗ちゃんも巻き込んでのお団子騒動♪おもしろかった楽しい

強いて言えば、あかねちゃんの恋心についていくのにちょっと慌てたかも。
いつの間にそんなに季史さんのこと好きになってたの?って。
でもよく考えてみると、あれって一目惚れだったんだね。だから、あんなに盛り上がっちゃったんだねと考えて、納得できました☆

季史さんのただ誰かに名前を呼んでほしかっただけ・・・といのにも泣けましたね。
結局人は、誰かに認められ支えられて・・・一緒に生きてくれる人がいないと生きてはいけなんですね。誰か自分以外の人とつながって初めて生きてるってことを実感することができるのかも。

キャラも風景も美麗でとっても楽しめましたハート
麗しの八葉たちを堪能しつつ、いろいろ考えさせられた映画でした☆
ホント見に行ってよかった♪

Comments

Post a Comment








Go to top of page

アスカガ大好き♪
「SEED」&「遙か」やお気に入りのアニメ等についての
ひとりごとを綴ったサイトです☆

カレンダー

<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031