• 2006.08.20 Sunday

種D

今頃気がついたけど、このサイトを立ち上げた日って、イザークの誕生日でした♪
イザークといえば、忘れちゃいけないのが、カガリの命の恩人だってこと!
もしあのヤキンでの戦いの時、イザークが助けてくれなかったら、オーブという国はどうなってたんだろ・・・。

アスハという名を持つ者を失って、別の誰かが代表になってたとしたら?
きっとオーブはオーブではなくなっていたと思う。
実際、カガリが国を離れて(←キラに連れ去られて)ユウナたちが政権を握っていた時期は、ウズミさんの守り通してきた平和の国ではなくなっていたのだから(力ある組織の言いなり国家になってた)
でもカガリがオーブにいたとしても、混乱し、武力衝突へと突き進んでいく世界をとめることはできなかったとは思う・・・やっぱり。

アスランはクレタでキラとカガリに再会した時、カガリにオーブに戻ってなんとかしろみたいなこと言ってたけど、本当にオーブに戻ってなんとかなると思ってたのかな?

普通、政治家が職務を全うせず国を離れてしまうなんてありえないけど、カガリの場合は不可抗力というか・・・汗

「THE EDGE」でのアスランは、このシーンの最後に、〜ザフト
に戻ったのはあいつらへの裏切りだったのか?って思い悩むセリフが追加されててよかったけど。

そういえば、種Dスペエディ兇任蓮△海離掘璽鵑離▲好薀鵑離札螢娑磴辰討燭覆 っていうか、削除されてたし・・・;
連絡も取れずやっと再会できた恋人に、何も言わずに立ち去るなんてっ!!
本編のセリフ〜理解できても納得できないこともある〜だったっけ?
これ聞いた時、アスランやきもち焼いてたんだって、ちょっと嬉しくなったのに・・・。
無言の抗議ですか!!
振り返ったはいいけど、睨んだだけで、行ってしまうなんて・・・いや、睨んだんじゃなくて、あれはまたしばらく会えなくなるカガリを目に焼き付けておこうというアスランの無意識の行動だったの?(←超プラス思考汗

AAで再会した時、頬を触ったカガリを見るアスランのあの心から安心したような穏やかな瞳を見た時は、アスカガ安泰と安堵したものですが・・・。

まだまだ、苦難の日々は続いてますねしょんぼり

Go to top of page

アスカガ大好き♪
「SEED」&「遙か」やお気に入りのアニメ等についての
ひとりごとを綴ったサイトです☆

カレンダー

<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031